2004年11月11日

悲しい別れ

悲しい別れ

永遠の別れの事…思い出したくないでしょうが少しだけ教えてください。

1何歳でなくなりましたか?
2死因(病気・事故・寿命)
3死後の対応はどうなさいました?(葬儀・埋葬・供養・費用)
4心の癒えたのはいつ頃でしたか?(新しい家族を迎えたのは?)
5愛犬を亡くして「今だから」思う事がありましたら一言…
この記事へのコメント
1.14才10ヶ月(2004年11月22日没)
2.安楽死
 がんだったかもしれません。
 亡くなる前年に倒れた時に、「たぶんガンでしょう。余命3ヶ月」と言われ、亡くなる時のレントゲンでも腫瘍が見えていたので。
3. 獣医さん経由で焼いてもらいました。
  灰だけ戻ってきました。
4.まだ亡くして間もないので、癒えたとは思えません。ずっと癒えない気がします。
犬たちが老齢になってきたので、最近子犬を迎えたところでした。(2004年7月)
5. どんな場合でも、「これが一番いい方法なのか?」という問いに答えは出ないと思います。
いつだって、飼い主は犬の幸せを考えるけれど、「ほんとに幸せ?」の答えもないと思います。
でも、一生懸命犬たちの姿を見て、声を聞いて、何を考えているのか、喜んでいるのか、いやいや命令に従っているだけなのか、そうしていつも犬には正直に心からの愛情を持って接してあげることで、答えは要らないと思えるようになりました。
Posted by あや at 2004年12月07日 06:34
あやさん、こんにちわ。
亡くなって間がないのに書き込みしてくださったんですね。うちはまだ1歳にもなっていませんが、最後の事はふと考えてしまいます・・・
そして子犬を飼われたお気持ちもよくわかります。
どんな時でも(人間の場合でも)亡くなった時に、十分してあげていてもこれでよかったと思える事はなかなか、ないと私は思っています。
(私がとても身近な人を亡くしていて、死ぬという事にトラウマがあるので、特にです)
でも14年、長生きですね。
新しく来たワンコが癒してくれる事とご冥福を心よりお祈りします。
Posted by ネオママ at 2004年12月07日 09:29
ネオママさん、
はじめまして。
さっそくコメントいただいて、ありがとうございます。

私は今カナダにいるんです。
そのため、今回ジェシーを見送った時も直接友人たちと話しをすることが出来ずにいました。
思い出すのがつらくて、電話をもらっても出ないこともありましたが、反対にジェシーの話しを聞いてもらいたいと思う時もあるんです。
そんな時は、こんな風にジェシーの事を書かせてもらうと少し気持ちが休まるような気がするんです。
そして早速こうして読んでもらえて、ジェシーも喜んでいると思います。
Posted by あや at 2004年12月08日 07:12
HP、拝見させていただきました。
カナダですねー。ワンコ達もかわいいです。
ジェシーちゃん、白くてきれいですね。
うちのネオは黒っぽいS&Pです。

ネオもジェシーちゃんの様に長生きしてほしいです。
その頃、娘達もお嫁にいきそうな年頃なので、
それまでに子犬をと考えています。

またHP遊びにいきます。
ゆっくり元気になっていきましょう♪

Posted by あやさん at 2004年12月08日 12:42
自分の名前にあやさんといれてしまいました・・・
失礼しました。
Posted by ネオママ at 2004年12月08日 12:44
あやさん、はじめまして。。。。では、ないのです。
実は、あやさんが東京・町田に在住中、少しの間、クマちゃん、リカちゃん、ジェシーちゃんとお会いしていた動物病院のKOKOです。シュナファンの私にとって、ジャシーちゃん達に会えるのはとても楽しみでした。
あの大人しくてシュナらしいシュナのジェシーちゃんの訃報を読んで、HPを拝見させてもらい、「ん?覚えがある。。。!」と言う訳です。
アメリカに越されてから、こんな形でお会いできるなんて思いませんでした。
安楽死、辛い決断だったと思います。
でも私も同じ決断をしていたでしょう。
ジェシーちゃんはきっと感謝していると思います。

今度は、患者様と病院ではなく、同じシュナ飼いとしてHPにお邪魔させて頂けると嬉しいです。
クマちゃんやリカちゃんの為にも、頑張ってください。
Posted by KOKO at 2004年12月13日 03:31
1 13歳
2 多分、フィラリアからの心不全
3 市に任せました。1頭ずつのではなく、みんなと逝けるよう共同でお願いしました。
4 新しい子を迎えたのは逝って2週間。あれから7年たちますが、まだ思いは消えません。
5 獣医師に短時間の麻痺を「神経痛」と言われ信じていました。しかし最期、転院。フィラリアでした。最期の最期まで寝たきりにはなりませんでした。
疑わしいときはすぐに転院すること、少しおかしいとおもったら受診ですこと、いつ何があっても良いようベストをつくすこと。日々思っています。
 最期の日、転院したきた病院(今の病院)で入院を勧められましたが、いつ逝ってもおかしくないと言われ連れ帰りました。その夜、家族に見守られて旅立ちました。そのことを主治医に伝えると「つれて帰ってよかったですね、力がたりず申し訳ありません」といわれどんなに癒されたか。。しかし転院が遅くなったことを今も悔やんでいます。
長々とすみません。
Posted by ちえ at 2004年12月30日 21:12
1、  0才
2、   パルボウイルス
3、   病院で色々してくださいました。(?)
4、   無くなった2週間後に、新しい犬を飼いました。
5、   もっと一緒に遊んでやれば良かったな。
    あのコは幸せだったかな・・・。の一言です。



Posted by ちびまり(バディ&シュウママ) at 2005年02月14日 17:29
1、10歳12ヶ月マイナス3日
2、甲状腺のガン→肺に転移、肺は手がつけられない状態で、手遅れ。
3、9月27日0時48分に亡くなり、暑い時期ということもありその日のうちに仕事を早退して家族で火葬場へ連れて行きました。(本当はもっとそばにおいておきたかったし、仕事も休んでしまいたかったけど・・・。)
4、いまでもまだ忘れられません。喉が腫れていた事に気づいていただけにもっと早い対応が出来ていたはず。後悔しています。このこがなくなったらその日に生まれてきた同じ種類、性別のコをもう一度探し出してまた飼ってあげようと思いトトがきて今月27日で7ヶ月です。ぺぺが逝ってしまってからも7ヶ月。
5、どんな些細なことでも病院へ連れて行こうと思いました。もし今年の誕生日にもぺぺが元気だったら私は24歳、ぺぺは12歳と同じ9月生まれの私達は9月でちょうど半分の歳となっていました。とても多きな存在でした。今でも毎晩ぺぺの骨壷は私の横が指定席です。
Posted by ぺぺっこ at 2005年04月30日 00:14
☆幸☆
1.14歳
2.乳がんが原因だったのかにゃ。。。
  しこりが段々と大きくなって、最終的に大人の握りこぶし大になって破裂してしまいました。その数日後に。。。
3.動物葬儀屋さんにて。
  葬儀、火葬、納骨。費用は両親が支払ったので分かりません。年に2度合同供養してまふ。
4.亡くなって10年以上も経ちますが、癒えたと言う言葉にする事は出来ません。。。
5.ワンコって寿命が分かるのかにゃ・・・
  亡くなる前夜いつもの寝床には行かず、私のベット下で眠りました。次の日の夕方から症状が急激におかしくなり、それでも私が仕事から帰宅するまで頑張って待っていてくれました。最後を見届ける事が出来て良かった。。。


☆愛(幸の子供)☆
1.3歳
2.交通事故
3.4.同上
5.突然の出来事でパニックになりました。
  原因はノーリード。
  悔やんでも悔やみきれませんでした。。。
  それからは必ずリードをつける事を誓いました。


☆昴(幸の子供)☆
1.10歳
2.喉の食道?が腫れ続けて、呼吸困難。
  息をするのがとても苦しそぅでした。。。
3.4.同上
5.気管が元々細い上に、肥満が重なったのが原因と獣医さんに言われました。
  食べる事が大好きで、お留守番の時高いテーブルに上りつまみ食いをしてる所に私が帰宅。
慌てて降りる際、落っこちて骨折してしまったエピソードがありまふ。。。



☆姫(幸の子供)☆
1.16歳
2.老衰になるのかにゃ。。。
3.4.同上
5.一番長生きしてくれました。
  この子にして初めて「犬のボケ」を知りました。
  寝たきりになったのも初めて。
  お世話は考える以上大変でしたが、精一杯努力したので後悔はありません。。。
Posted by きき at 2005年04月30日 15:05
1、約6ヶ月
2、突然死みたいなもの。寝てそのままでした。
3、動物霊園で火葬して連れてきました。
  費用は約2万円です。
4、まだ他にもワンがいるので落ち込まなくても
  すむみたいです。
5、いろんな所に連れて行ってあげたかったで
  す。
Posted by シュナっ子 at 2005年06月18日 15:54
1.7歳と2ヶ月
2.突然でしたが脳に何かがおこったようです
3.動物霊園で火葬後、骨の一部を自宅に持ち帰っております。火葬代が25000円+骨壷代が4000円に消費税で3万ちょっとかかりました。
4.先日8月13日のことですので、まだ癒えたとはいえません。でもそのうち新しい家族を迎えたいと思っています
5.私にとって、最高のパートナーでした。
Posted by こふくのまま at 2005年08月18日 14:20
1.1歳と7日(2005/8/20)

2.あまりにも突然でした。様子がおかしいと思い、病院へ連れて行くと即入院となり、覚悟する様に告げられました。その6時間後に眠る様に亡くなりました。
原因ははっきりとはわかりませんが、体がとても小さかった事や検査結果から先天性の腎臓病の可能性が高いとの事でした。

3.動物霊園で火葬後、遺骨を自宅へ持ち帰って供養しています。気持ちが落ち着くまで家におき、しばらくしたら合同納骨で土に返してあげようと思っています。
体重5キロ以下だったため、火葬(骨壷代込み)15000円、立会い料3000円でした。合同納骨を依頼すれば他に8000円かかるそうです。

4.つい最近8月20日の事なので癒えることなく、それどころかいなくなってしまった実感がより強くなって悲しみは増す一方です。
それでもいつかまた新しい家族は迎えたいと思います。ハニーの分もいっぱい可愛がってあげようと思います。もちろん、シュナウザーを・・・・

5.もう少し早く異変に気づいてあげられたらもしかして・・・と悔やむ事だらけです。ただ、あの子との生活は、私や家族にとってとても楽しく幸せだったと思います。
Posted by ハニーママ at 2005年08月25日 11:13
1.17歳
2.寿命だと考えています
3.自宅の玄関前で火葬設備のある自動車で処理、骨はペット墓地で供養
4.死んだ親父が買ってきた犬でした。それ以来家族の一員でした。親父が心筋梗塞で倒れた朝、大声で吼えてみんなを起こしました。その後、親父の顔を舐めて「起きて」と励ましているようでした。親父はその朝亡くなりましたが、その犬の献身に心打たれました。
 その犬の死後2年間は他の犬を飼えませんでした。3年目にやっと新しいシュナを飼い始めました。最初の犬は辰年生まれだったのでロンちゃん新しく家族になった犬はその子の次で龍次君と名付けられました。
 今元気一杯に我々家族の間を走り回っています。
5.ロンちゃんは17歳まで生きてくれました。最後はお金も一杯買ったし大変だった。だけど、家族として精一杯のことをしたつもりです。
Posted by 鈴木 H at 2006年02月01日 11:23
1.2歳5ケ月・コナン君、♂
2.先天性腎臓奇形、腎不全、様子がおかしいなぁ、と思い始めたのが5月の中頃より、週1くらいで嘔吐があり、末にかけて、夜中の嘔吐が増えだしました。でも、食欲旺盛でウンチも正常。気になるので病院に行きましたが、ウンチも正常、熱もないと言う事で、嘔吐どめをもらい、しばらく様子をみる事に・・・しかし、やはり何かおかし?再度6月6日に血液検査をお願いしました。結果は、最悪な答えでした。余命数ヶ月・・・その時の状況は今でもあまり良く憶えていません。納得がいかず、情報を集める為、沢山の病院に治療法などを聞き、病院選びもずいぶん悩み、幸い近くに情熱のある獣医さんがいることを知り、お世話になることに、そこで、エコーを撮って頂き、生まれつき、腎臓が奇形だと判明、出来る限りの治療を行ってもらいましたが、わずか2週間後の2006年6月21日永眠。この腎臓で2年5ケ月も生きたのは、奇跡に近いと言ってくださいました。
3.動物霊園に連絡、火葬してもらいました。費用は、約27000円、今はお骨で側にいてくれています。3ケ月のうちなら、共同墓地、納骨、無料。それ以降は3000〜5000円かかるようです。第2日曜法要があります。
4.心はまだまだ癒えません。でも、逢えて良かったです。先生が、生まれた時から、この子はしんどかった、良く頑張って生きた!と言ってくださいました。
5.今回のことで、沢山のことを学びました。これも、お星様になった、コナン君のお陰です。沢山の情報をくれた友人達、そして、懸命に頑張ってくださった獣医さん達、家族、協力してくれた会社。皆々コナン君が縁で暖かく情熱ある思いを強くうけました。これからも、この縁を大切に、これからも、ズート、シュナを愛し続けていきます。有難う!
Posted by taka at 2006年07月05日 17:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。