2006年03月26日

「グリニーズ」与えてますか?

先日(3/16)[ムックまま]さんから「グリニーズ」の件でお便りを頂きましたのでちょっと取り上げてみました。

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、「グリニーズ」をつまらせて死亡する例が出ているとの報道の件です。
問題の報道は全米ニュース(CNN・2/15付)の取材によるもので、13頭の死亡例の原因が「未消化のグリニーズを詰まらせた事によるものだった」とする獣医師のコメントを中心としたもの。
製造元との訴訟が進行中の被害者もいるとの事でしたが、現在の所それ以上の情報はみつけられておりません。

実際似た様な事故は過去に日本でも何例か見られており、問題とされた事もありましたが、今回の報道の影響は大きく一部販売を見合わせるショップも出てきております。

と、ここまでが今回のあらましです…

この事件はネット上でも随分取り上げられ[管理人]も調べてみたのですがまだはっきりとした結論を出せておりません。
もちろん「シュナ飼いblog」として公式のコメントが出来る段階ではありませんし、特定商品の推奨や批判は控えさせて頂きます。

この段階でお伝え出来るのは…

1:丸呑み出来ない大きさのガムを与えましょう!
2:ガム等は手に持って与えるか、目を離さない!
3:胃腸の弱い子は細かくしてから与えましょう!

ちなみに「グリニーズ」は「小麦グルテン」を多く含んだ製品です
小麦アレルギーのシュナは獣医師に相談して下さい。

また「キシリトール」の健康被害も報告されております。
人口甘味料の類いは「犬」のインシュリン分泌を急激に促し低血糖を引き起こします。
「キシリトール」はこの作用が強く「人用ガム」の誤食では死亡例も出ております。
[シュナ達]の手(口)の届く範囲に「キシリトールガム」を置かない様にした方が安全かと思います。
なお「犬用ガム」に「キシリトール」配合の物も多く見受けられますが、虫歯を防ぐ効果は期待出来ないと考えて良いと思いますので「キシリトール入り」を無理に与える必要は無いと考えております。

*当記事はメンバーのみなさんの注意喚起を目的とするものであり
特定の商品の中傷を目的とするものではありません。
また「管理人」は獣医師ではありません事をご承知置き下さい。

栄養学、疫学のいずれの面からも罹り付けの獣医師にご相談の上健康に悪く無い「オヤツ」を選んであげて下さい。
この記事へのコメント
以前グリニーズ与えていたんですけど、残りが短くなると
固まりを飲んでしまって、そのままの形の物を嘔吐する
ことが時々あったので、与えるのを止めていました。
死亡事故の話を耳にして、ビックリしたのですが、他に
代わりになるものはないかと思い、つい先日(健康被害が
報告されているものとは知らず)キシリトールの入ったガムを
注文してしまいました(汗)
わざわざ疑いのあるものを与えたくはないので返品
しようと思っています。
情報を得られて助かりました。ありがとうございます。
Posted by かねP at 2006年03月28日 16:32
つい、今うちの2頭のシュナにグリニーズを与えたばかりだったのでこの記事を読んで「えぇぇっ〜〜!!」と驚いてます。
今までは出掛ける前に与えていたのですがこれからは食べ終わるまで目を離さないようにします。
それから今食べてるのが無くなればもう買わないでおこうと思います。
貴重な情報ありがとうございます。
Posted by yumin at 2006年04月02日 18:22
以前は、わんこの手が汚れるのが嫌で、手に持ってグリニーズを与えていました。最近は、切って与えていたので、これからは何かガムを噛ませるときは、前のように手に持って与えようと思います!

うちは、ガムに限らず、私の目の届かないところでは、「食べる」ということをしないようにしています。おやつを与えて、席を外す…ということをしていません。何を食べさせるにしても、人には予想ができない危険があるので…。
Posted by ジジママ at 2006年04月03日 14:35
私もグリニーズをあげる時は必ず、獣医さんが
病院にいる時間で食べ終わるまで半泣き状態で
みていました。
ラージを友達からいただいたので、切りましたが
本当に固くて、最近はあげていないです。
私がこんなに神経質になる理由が、
実家のシーズがほねっこ、というガムを
食べていた時に詰まって窒息しそうに
なったからです。本当に怖い思いをしました。
無事に出ましたが。
私もジジママさん同様、食べている時は
必ずそばにいます。


Posted by ネオママ at 2006年04月03日 15:50
グリニーズには賛否両論ありますが、しっかりどんなモノかぁ?愛犬に合っているのかぁ?と商品情報を知る事も大切ですね。
他にこんな情報もありますので参考までに。
> クロロフィルに関しては記載しているものは見つかりませんでした。
> 直接は結石に関与することはないのでしょうか?
> ただ、多くのアメリカの内科専門医はシュウ酸カルシウム結石の犬には
> 与えるべきではないと言っています。 理由は高蛋白製品だからです。
> 同様の理由で腎疾患の犬にも奨められません。
> 他には炎症性腸疾患の犬にも与えるべきではないと言っています。
> 理由はグルテンが含まれているためです。
>
> ただ、この商品はあくまでも健康な犬を対象にした商品ですから
> 病気、あるいは特定の病気のリスクを持つ犬に対してまで
> 求めるのは消費者のわがままかなとも思います。
> もちろんどんな犬にでも使えるのは理想だと思いますが、
> その商品の特性を得るためには高たんぱくである必要があったり、
> グルテンが必要なのかも知れません。 事実オーラルケアに関しては
> 効果がありますから。
Posted by JOJO父 at 2006年04月04日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15507937

グリニーズって思ってた以上に怖い
Excerpt: グリニーズの件は愛犬家の中では既に有名な話・・・(だよね?) でもでもまだまだ店頭には並んでるし、製造元のコメントもちゃんと噛み砕いて食べていれば大丈夫って言ってたので気をつけていれば大丈夫..
Weblog: Winnie the JONTA 〜BLOG版〜
Tracked: 2006-03-27 22:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。